武田浩一

このエントリーをはてなブックマークに追加


武田浩一(たけだ こういち)議員への質問と回答


質問①
市議会議員として、また候補者としてのあなたのコンセプトをお聞かせ下さい。当選以来あなたが主体的に行ってきた活動、または候補者としてこれから主体的に取り組んでいく政策

回答①

私は、議員活動5年間で、市税関係のコンビニ収納実現や、空き家条例、串間の売り出し方、日南市・志布志市とタイムアップして、南九州広域地区としての活性化策などを提言してまいりました。             
これからの取り組みとしては、地域間競争や周辺自治体との生き残りをかけた競争がいわれますが、串間だけが生き残ることは、厳しいと考えます。やはり周辺自治体と協力しながら、物産・観光はもとより、スポーツ合宿、U,I,J,ターン者誘致などに取り組むべきと考えます。 
・・・武田浩一・・・ 

質問②
串間の観光地の代表はなんといっても都井岬です。それに文化猿の幸島やサーフィンの恋ケ浦、新たな拠点であるイルカランドなど、77kmの海岸線の織り成す魅力を最大限に活かすことが求められます。その方策についてあなたの考えをお聞かせ下さい。
                                   
回答②
観光の目玉は、やはり都井岬だと思います。 駒止の門の協力金と水の問題が大きな課題であり、これを解決しないと前へ進めないと考えます。 この問題は色々な利権もからみ、長年の懸案であります。行政,議会だけではなく、市民が一丸とならないと難しいと思います。 これがクリア出来れば、幸島、都井岬、イルカランドを中心に、日南市・志布志市と共に、マリンスポーツやイベントを共催し、観光客を増やしていくべきと考えます。
・・・武田浩一・・・

質問③
地方創生事業として、串間市では数々の施策がなされていますが、あなたの考える最大効果のある施策。

回答③

私の考える、串間創生案は、農林水産業の学校を造ることです。都会では、年収300万円でも生活が苦しく、結婚したくても将来が不安でできない。ワーキングプアと呼ばれる若者がたくさんいるようです。その方々を、串間に来ていただいて、3年~5年農林水産業で研修をし、将来串間の1次産業の担い手になっていただきたいと考えます。年間150万円ほどを支給し、各産業の方からも一部労働力の対価としてバイト代を出してもらう。又、市内の空き家をリフォームして低価格で賃貸するなどして、U,I,J,ターン者をつのり、1次産業の活性化と人口減少に歯止めをかけたいと考えます。  
・・・武田浩一・・・

質問④
串間市の出生数は年次的に減少していますが、大切な子供たちの将来を見据えた政策。

回答④

串間市の出生数を見ますと確かに減少していますが、出生率で見ると、宮崎県は、47都道府県中2位、串間は県内9市で1位の 1.96人で全国トップレベルです。これを見ますと、串間市は全国トップレベルの、子育てしやすい地域のようです。ただ子供を生む世代が少ない事が、出生数減少の要因であると考えます。これから子育て支援をしても、今から生まれる子供達が、大人になって子供を生む歳になるまで20年以上かかります。やはり質問③で述べたように一次産業の後継者対策としてU,I,J,ターン者獲得に力を入れ、串間にない感覚で6次産業化や流通革命に取り組んでもらうことが、出生数の増につながると考えています。   
・・・武田浩一・・・

質問
市内の高齢化は急速に進んでいますが、そのなかでボランティアにより社会に貢献する活動をされている方がいます。そのことを含み、高齢者が社会において知恵と人脈と経験を活かすことについて

回答⑤

高齢者が、その知識や経験を活かして社会貢献しいただくことは、大変素晴らしい事であると思っています。昔の寺子屋のようなものを各グループ各地域で造っていただき、経験豊かな高齢者にボランティア活動していただきたいと思います。又保育園、幼稚園、小・中学校などでも積極的に活動していただければ串間市の活性化につながると考えます。
・・・武田浩一・・・

質問⑥
市内では数々の社会活動団体等が地域貢献的活動を行っていますが、あなたはそれらの活動に参加したことがありますか。また「みかん山復興活動」についてご存じですか。それと市内の特産物となる生産加工品を販売している宮崎駅構内のアンテナショップの活動を知っていますか。

回答⑥
                
青色回転灯パトロールに参加しています。又,PTAで朝の登校指導に参加しています。「みかん山復興活動」については、詳しくは知りませんが、ボランティアで活動されていることは知っています。又、宮崎駅のアンテナショップには、3回ほど行っていますが、私は福岡の博多駅屋上に日南市と共に出店すべきと議会で提案してきました。串間の活性化のためにボランティア活動の精神はすばらしいと思います。他人に強要することなく志を同じくするメンバーで楽しみながら活動していただきたいと考えます。  
・・・武田浩一・・・

質問⑦
消費意識について質問します。あなたは一市民として、また消費者として、市内商店の優先利用を行っていますか。また串間温泉いこいの里を年に何回利用しましたか。また、市内利用促進のためのあなたの方策をお聞かせ下さい。

回答⑦

私自身も市内で商いをしておりますので、できるだけ市内で買うように心がけています。いこいの里については、温泉があまり好きではないので、年2,3回しか入りませんが、ビヤガーデンなどの飲食を合わせると年5,6回利用していると思います。市内の商店利用促進策としては、行政が行う審議会や会議などの日当てをすべて共通商品券にする。年間通して5%、プレミアム商品券の発行などが有効だと思います。議会でも発言してまいりましたが、一番は市内の業者がもっと魅力ある、商品構成や店舗にしていくなど努力していくべきだと考えます。いこいの里については、入浴料を300円にして、温泉好きの方々やボランティアでの運営にしてみてはと考えますが、少し現実的ではないかもしれません。   
・・・武田浩一・・・

質問⑧
串間の産業は第一次産業を中心に加工製造業、サービス業が混在して成り立っていますが、今後における産業の活性化及び成長につながるあなたの考えをお願いします。

回答⑧

高速道路の早期開通による物流、観光産業の活性化が一番だと思います。又、先ほどから言っている通り、U.I.J.ターン者の考えを入れて、6次産業化を中心に農林水産業の活性化は必須ですが、6次産業化の一番の問題は、物流と販売にあると考えます。ここは、市民の持っている人脈や、市外で活躍されている方々の人脈を利用してのトップセールスが有効であると考えます。     
・・・武田浩一・・・

質問⑨
超高齢化にともない、今後の老人施設のあり方が問われています。これまで懸命に頑張ってこられたお年寄りが生きがいをもって暮らせるために、何が大切で必要かについてお答えください。よければ障害者対策についてもお願いします。

回答⑨

私どもにも、70才を超えた両親が4人いますし80才を超えたおじも、おばもたくさんおります。超高齢化の問題は、喫緊の課題であると認識しておりますが、あまり詳しくないのが現状です。それを前提でいわせていただきますが、今の施設は、コストがかかりすぎていると感じます。もう少し、コストを下げ低所得の方や、多くの方々が利用できる施設が必要だと思います。又、串間市には年間100億円といわれる年金が入ってきますが、高齢者の方にも一律でない政策、それなりの負担をしていただく政策が必要ではないかと考えます。障害者対策につきましては、国策だと思います。国や地域で考えればならない問題だと思いますが、もう少し勉強させていただきたいと思います。    
・・・武田浩一・・・

質問⑩
寿屋跡地から吉松邸周辺の整備について、約8億円をかけて計画されていますが、それをどのように考えますか。賛成か反対かと、その理由をお答え下さい。

回答⑩

先ず、1つ目は、中心市街地活性化と道の駅構想、吉松家周辺整備については、高速道路開通後のストロー化現象と密接な関係があるということ、 2つ目は、どちらも市内外の有識者や市民の方々が入った、ワークショップや会議で計画が進められていること、3つ目は、道の駅予定地横の国道は、補道のない大変危険な通学路であり、この計画が国に認可されれば、補道の設置、駐車場、トイレの建設この部分の用地買収などは、国の予算で行われ安全性の高い通学路になること、4つ目は、20年後の串間を考えるとき、市役所を中心にしたコンパクトシティ化は無視できないことなどを考えた場合、現時点で私は、賛成いたします。  しかし、串間市が現実的に予算をともなう部分に関しましては、少しでも予算をけずる努力をしていく考えです。最後に、昨日までの過去は絶対に変えられません。しかし、今日からの未来は変える事ができます。何もしないより行動すべきです。市民、行政、議会の志を一つにして、みんなで串間の未来に責任をもちたいものです。
・・・武田浩一・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です